中院クリニック

078-321-5588 アクセス

MENU

腹部の検査

intestines

肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓の検査

腹部超音波検査

体内に超音波を発信し、かえってくる波(エコー)をとらえて、胆嚢・胆管・肝臓・膵臓・腎臓などの形態を映しだし、各臓器に異常がないかを検査します。

腹部CT検査

腹部を輪切りにするようにして、X線撮影し、コンピュータで処理する検査です。肝臓・膵臓・腎臓など疾病を発見します。

一般的なX線撮影と違い臓器などの重なりが問題になることはありません。

*撮影部位(肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓)

マイクロアレイ

早期発見が難しいとされる『膵臓・胆道がん』を含む、4つの消化器系がんを同時に部位別に発見できる血液検査です。

(遺伝子レベルでの生体反応を測定し、早期がんの発見・治療につなげます。)

サリバチェッカ―(SalivaChecker)

数滴のだ液を採取し、現在、がんの疑いがあるかどうかを調べます。肺がん・大腸がん・乳がん・口腔がんや症状が出にくい膵がんも早期発見できる可能性があります。

アミノインデックスリスクスクリーニング(AIRS®)

1回の採血で三大疾病を評価する検査です。

・現在がん(胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん)である可能性・4年以内に糖尿病を発症するリスク・10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスク

Prodrome-PAC(プロドローム・ピーエーシー)

血液検査で、膵臓がんのリスクを調べる検査です。

腫瘍マーカー

体の中にがんができると、血液の中に増える物質があり、これらを腫瘍マーカーといいます。血中に腫瘍マーカーがどの程度存在するかを調べることによって、がんの有無を知る目安にします。

腸の検査

下部内視鏡検査(大腸カメラ)

内視鏡(カメラ)で、大腸の粘膜を直接観察し診断する検査で、注腸X線検査で診断がつかない病気も調べることができます。

大腸CT検査

内視鏡を挿入しない大腸検査です。お尻から炭酸ガスを注入して大腸を膨らませ、新型のマルチスライスCTで大腸を撮影し、コンピュータ画像処理によって大腸の立体画像を作成して診断する方法です。

大腸カプセル内視鏡検査

超小型カメラを内蔵した長さ約3センチ、幅約1センチのカプセルを口から飲み込みます。カプセルは消化管を通過しながら画像を撮影し、画像データは随時、受診者が腹部にベルトで装着した記録装置に送信されます。数時間後、カプセルは肛門より排泄されます。

便潜血反応

肉眼では見えない微量の血液が、便に混じっていないかどうかを調べる検査で、大腸がんのスクリーニング(ふるいわけ)検査として普及しています。

便虫卵検査

寄生虫の感染の有無を検査します。

便細菌検査

サルモネラ、ビブリオ、病原性大腸菌などの細菌を調べます。

・腫瘍マーカー

体の中にがんができると、血液の中に増える物質があり、これらを腫瘍マーカーといいます。血中に腫瘍マーカーがどの程度存在するかを調べることによって、がんの有無を知る目安にします。

マイクロアレイ

早期発見が難しいとされる『膵臓・胆道がん』を含む、4つの消化器系がんを同時に部位別に発見できる血液検査です。(遺伝子レベルでの生体反応を測定し、早期がんの発見・治療につなげます。)

アミノインデックスリスクスクリーニング(AIRS®)

1回の採血で三大疾病を評価する検査です。・現在がん(胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん)である可能性・4年以内に糖尿病を発症するリスク・10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスク

サリバチェッカ―(SalivaChecker)

数滴のだ液を採取し、現在、がんの疑いがあるかどうかを調べます。肺がん・大腸がん・乳がん・口腔がんや症状が出にくい膵がんも早期発見できる可能性があります。

Copyright © Nakanoin Clinic All Rights Reserved.
ご予約・お問い合わせ アクセス